「鉄道ホビダス」との相互乗り入れ。

 本誌10月号およびホームページでご案内しましたとおり、本日(21日)より、株式会社ネコ・パブリッシングが運営する鉄道専門サイト「鉄道ホビダス」との相互乗り入れにより、新たに「RJNET by ホビダス」がスタートしました。こちらのサイト自体、ブログ形式で構成されており、最新号の内容、取材時のエピソード(次号の予告も兼ねて)、編集長雑記などを随時更新してゆく予定です。事柄によっては当サイト「RJNET」本体と重複する場合も考えられますが、重点を変えて違ったものにしてゆきたいと考えています。

 また、「RJNET」では、オンラインでのショッピング、Eコマースに対応できていませんでしたが、「鉄道ホビダス」のショッピングサイト「鉄ホビ・ダイレクト」において、鉄道ジャーナルDVDをお求めいただけることになりました。鉄道ジャーナルDVDに関しては、一部の特約書店でお求めいただく方法もありましたが、原則、直販のみでしたので、ご不便をおかけしていました。
 なお、現在34タイトルを数えるDVDの個々の内容については、RJNET/ビデオ・DVDページもご覧ください。一部はサンプル映像もございます。さらに今後は、鉄道ジャーナル別冊シリーズなども「鉄道ホビダス」を通じて販売できるよう、体制を整えてまいります。

 さて、同じような分野を対象とする二つの出版社によるコラボレーションはあまり例がないように思いますが、昨今の鉄道関連の出版や放送、イベント等が目立つ「鉄道ブーム」の一方で、そのことが本誌のような専門の月刊誌に少なからぬ影響を及ぼしている状況が背景にあります。今回スタートさせた両社の協調は、両社ウェブサイトの「相互乗り入れ」を通じて読者の方々に興味を持っていただけるコンテンツの充実を目指すとともに、雑誌類やDVD等の購入時のご便宜を図ることで、「ブーム」に誘われて鉄道に興味を持たれた方々を含め、より多くの同好の方々に専門誌の存在と鉄道趣味の楽しさを知っていただき、この世界を盛り上げてゆきたいという趣旨とご理解いただければ幸いです。

コメントは受け付けていません。