秩父鉄道の12系客車がリニューアル。

 秩父鉄道が所有し、「パレオエクスプレス」に使われる12系客車が塗色を変更した。「パレオエクスプレス」の運転開始25周年を記念したリニューアルで、従来の濃緑色から紅褐色となり、金色の帯とレタリングが入る。車内は木質調の壁、ワインレッドの座席表地などにより、昭和レトロのSL列車の旅を演出する。
 列車を牽引するC58 363は、今回、JR東日本の大宮総合車両センターで全般検査を受け、動輪のタイヤを更新、上越線などでの試運転を終えて4月6日に秩父鉄道入りした。「パレオエクスプレス」は4月21日(土)から営業運転を開始し、12月3日までの土休日を中心に計84日間運転される。なお、営業開始後、5月末まではC58に赤いナンバープレートを取り付ける。
(2012-04-22)
- – – – -