小田急20000形RSEを富士急行へ譲渡

 小田急電鉄と富士急行は、小田急ロマンスカー20000形(RSE)1編成を富士急行へ譲渡することで合意、発表した。RSEは2012年3月で営業運転を終了、7両編成2編成のうち1編成を譲渡するもの。譲渡期日は2013年11月11日。富士急行では「フジサン特急」車両の後継として7両編成を3両編成に短縮のうえ、2014年夏から富士急行線で運行する計画。
 小田急20000形は、新宿と沼津を御殿場線経由で結ぶ特急「あさぎり」用として製造され、1991年から運転されてきた。現行の「フジサン特急」は元JRの165系電車「パノラマエクスプレスアルプス」で、3両編成2本を運行中。
(2013-10-19)