JR四国、新型特急気動車2600系を公開

 JR四国は、2000系特急形気動車の老朽取り替えのため、2600系特急形気動車を開発、2月15日に高松運転所で公開した。2600+2650の2両編成。「ネオジャポニスム」をコンセプトに日本の伝統意匠を現代風にアレンジし、安らぎと先進性をあわせ持たせた車両としている。四国の豊かな自然「青と緑」に映えるディープレッドを基調としたカラーリングとし、吉兆の伝統配色、赤と金で彩り、赤い色彩がステンレスボディに染み入る様をゴールドの縁取りで表現している。インテリアは和柄をモチーフとした装飾をアクセントに用い、伝統と先進性をそれぞれ対比・強調させるデザインとしている。
 座席は、8600系電車と同タイプのリクライニングシートで、車両ごとに臙脂と紺のシートモケットとし、各座席にコンセント・可動式枕・ドリンクホルダー・コートフック等を設置したほかテーブルを大型化、客室照明にはLED照明を採用している。2600には車いす対応多機能トイレ、2650には洋式トイレを設置。定員は2600が46名、2650が52名。
 空気ばね車体傾斜を採用、最高運転速度は120km/hである。
(2017-2-19)

東武鉄道の新型特急車リバティ

 1月27日、東武鉄道の新型特急車両500系「リバティ」が報道関係者に公開された。制御電動車2両と中間付随車1両の3両(2M1T)で構成され、「さまざまな運行形態で運用可能な速達性と快適性を持った特急列車」という開発コンセプトを掲げている。車両愛称の「Revaty」は、「Variety」(バラエティ)と「Liberty」(リバティ、自由)による造語。
 内外装のデザインは、500系の製造も兼ねる川崎重工業が担当、奥山清行氏が代表を務める「KEN OKUYAMA DESIGN」が監修を手がけ、「沿線の魅力をつむぐデザイン」をキーワードとしている。アルミ車体の外観は、東京スカイツリーに代表される都会的・先進的でシンボリックなイメージでまとめ、前頭部は貫通構造としながら後傾角を付けた曲面主体のフォルムを採用。カラーリングは、「シャンパンベージュ」をベースに沿線の自然を表現する「フォレストグリーン」、東武グループのロゴカラー「フューチャーブルー」を採用。
 500系は営業開始までに3両編成8本24両が投入され、4月21日ダイヤ改正により、東武日光発着の「リバティけごん」、野岩鉄道~会津鉄道に乗り入れる会津田島発着の「リバティ会津」、新藤原始発の上り「リバティきぬ」、館林行き下り「リバティりょうもう」、通勤時間帯の「スカイツリーライナー」、野田線系統(浅草~大宮、野田市、大宮~運河)の「アーバンパークライナー」で営業運転を開始する。
(2017-2-19)