カシオペアカラーのEF510 登場。

 新造、配備が進んでいるJR東日本のEF510のうち、「カシオペア」の客車に合わせたカラーで登場した509号機が、7月23日上野発の「カシオペア」から営業運転に就いた。投入されるEF510形500代15両のうち「カシオペア」塗装機は2両。

「カシオペア」の先頭に立つEF510 509号機。(上野駅)

 なお、「カシオペア」の牽引機は6月25日からブルーのEF510に置き換えられ、その後、7月14日上野発から「北斗星」もEF510牽引となっていた。この間、IGRいわて銀河鉄道線が災害で不通となった影響で、7月18日発車の「カシオペア」「北斗星」は上越・羽越線経由で運転され、急遽、EF81が牽引している。

コメントを受け付けておりません。