函館本線“山線”に特急「ヌプリ号」

 JR北海道は、函館~札幌間を函館本線倶知安経由で走る臨時観光特急「ヌプリ号」を8月6~31日の毎日、1往復運転する。「ヌプリ」とはアイヌ語で「山」を意味する。北海道を代表する山である羊蹄山や駒ヶ岳の山間を走ることから名付けられた。

JR北海道「ヌプリ号」

JR北海道「ヌプリ号」の183系気動車。

 特急「ヌプリ号」には専用車両として、ラッピングを施した183系4両編成を充当、両先頭車はスラントノーズ形でそろえ、各車に1ヵ所ずつ乗車記念撮影用として羊蹄山と駒ヶ岳に生息する動物をモチーフとした「ヌプリシート」を設けたほか、列車には毎日、観光案内を行う専門スタッフが同乗する。 時刻は、函館発11時43分、札幌着18時29分、札幌発8時04分、函館着14時00分。山線内は、黒松内、ニセコ、倶知安、余市に停車する。

コメントを受け付けておりません。