東北・上越新幹線でダイヤ改正。

 JR東日本は2012年9月29日(土)に東北・上越新幹線のダイヤ改正を実施する。現在、山形新幹線「つばさ」と併結運転の「Maxやまびこ」7往復をすべてE2系による「やまびこ」とし、最高速度を275km/hに向上、東京~山形間の到達時間を最短2時間26分とする。これに伴いE4系は東北新幹線での定期運用を終了する。
 上越新幹線ではE1系12両編成で運転中の「Maxとき」4往復、「Maxたにがわ」2往復を、E4系16両編成に置き換える。これにより、1994年から活躍を続けたE1系は定期列車の営業運転を終了する。

東京駅で並んだE1系とE4系。

定期運用を外れるE1系と東北新幹線の運用を終了するE4系。

 E5系は5編成を追加投入し、新たに「はやて」4往復(東京~新青森間3往復、東京~盛岡間1往復)をE5系で運転。最高速度はE3系併結のため275km/h。この追加投入でE5系は計16編成になり、東京発着列車20往復に運用される。

コメントを受け付けておりません。