N700Aの第1編成を公開。

 JR東海は、2013年2月から東海道新幹線で営業運転を開始する新型車両N700A(N700系1000代)の最初の編成(日本車輌製G1編成)を浜松工場で公開した。基本仕様は従来のN700系に準じているが、その後の新技術を取り入れて安全・信頼・快適・環境と4つのポイントについて大きく進化し、車体側面には「進化」を意味する“Advanced”の頭文字“A”を強調したロゴマークを大きく描いている。

 従来の内周締結式から中央締結式としたブレーキディスク採用によるブレーキ力の向上、定速走行装置の導入、台車振動検知システムの搭載、主変換装置の軽量化、LED照明の採用と調光機能による車内照明電力の抑制などが特徴。2012年度に6編成、2013年度に7編成を導入する。

N700A車体側面のロゴマーク。

N700Aの車体側面に大きく配置されたロゴマーク。

コメントを受け付けておりません。