寝台特急「あけぼの」の運転を取り止め

 JR東日本は、2014年3月15日(土)に実施するダイヤ改正において、上野~青森間の寝台特急「あけぼの」の運転を取り止めることを発表した。利用の減少と車両の老朽化が理由。なお、改正後も多客期には臨時列車として運転する。

 寝台特急「あけぼの」は1970年に運転を開始した列車で、当初は20系客車編成、奥羽本線を経由した。これにより、国鉄時代からのブルートレインは事実上の全廃となる。

運転を取り止める寝台特急「あけぼの」

 2014年3月ダイヤ改正では、秋田新幹線列車をE6系に統一、東北新幹線内では最高320km/h運転により東京~秋田間で最速3時間30分台に短縮、愛称は全列車「こまち」とし、「はやぶさ」と連結運転を行う。
 長野新幹線にはE7系を投入し、3編成で東京~長野間「あさま」7往復を置き換える。グランクラスはシートのみ営業。また、4月以降、順次E2系を置き換えてゆく。

 高崎線・草津線特急「あかぎ」「草津」は一部を除き651系での運転とし、平日通勤時間帯は「スワローあかぎ」として運転、自由席をやめて新たな通勤着席サービスをスタートさせる。

 そのほか、常磐緩行線データイムの運転間隔を12分から10分とする。東京メトロ千代田線は現行6分間隔が5分間隔となり1時間当たり2本増発となる。南武線快速は運転区間を稲城長沼まで拡大する。

(2013-12-20)

コメントを受け付けておりません。