JR四国、新型特急気動車2600系を公開

 JR四国は、2000系特急形気動車の老朽取り替えのため、2600系特急形気動車を開発、2月15日に高松運転所で公開した。2600+2650の2両編成。「ネオジャポニスム」をコンセプトに日本の伝統意匠を現代風にアレンジし、安らぎと先進性をあわせ持たせた車両としている。四国の豊かな自然「青と緑」に映えるディープレッドを基調としたカラーリングとし、吉兆の伝統配色、赤と金で彩り、赤い色彩がステンレスボディに染み入る様をゴールドの縁取りで表現している。インテリアは和柄をモチーフとした装飾をアクセントに用い、伝統と先進性をそれぞれ対比・強調させるデザインとしている。
 座席は、8600系電車と同タイプのリクライニングシートで、車両ごとに臙脂と紺のシートモケットとし、各座席にコンセント・可動式枕・ドリンクホルダー・コートフック等を設置したほかテーブルを大型化、客室照明にはLED照明を採用している。2600には車いす対応多機能トイレ、2650には洋式トイレを設置。定員は2600が46名、2650が52名。
 空気ばね車体傾斜を採用、最高運転速度は120km/hである。

JR四国の新型特急気動車2600系。

JR四国の新型特急気動車2600系。

(2017-2-19)

コメントはまだありません。

コメントする

コメントを投稿するには、ログインする必要があります。